自己紹介

ぷろふぃーる

はじめまして!らんぶろぐを運営しているらんです。簡単に自己紹介を書いていくので、ぜひ最後まで読んでくださいー!

今の自分

現在、京都大学工学部工業化学科の2年生です。

化学を勉強する傍ら、中高生にIT教育を広めている会社のインターン生として、Androidアプリづくりを中高生に指導しています。
また、京都祇園のお茶屋(会員制Bar)でバーテンダーとしてアルバイトをしています。

また、趣味はテニスランニングバイオリン銭湯巡りなどなど。

出身は恐竜王国福井県です。

幼少期

友だちに誘われて少林寺拳法をしたり、ギターの名前をバイオリンだと勘違いしてバイオリンを習わせてもらったりと、特殊な習い事をさせてもらっていました。

勉強では、小2の算数のテストで100点満点中50点を取ってしまったり、解き方はわかってもケアレスミスで減点されたりとあまり優秀なほうではなく、運動でもクラスで一人だけマット運動の後転ができなかったり、縄跳びのうしろ二重とびでおでこにあたってミミズばれするなど、ドジであまり得意ではありませんでした。結構コンプレックスの多い幼少期を過ごしていた記憶があります。

運動音痴のイラスト

中学生時代

小学生時代、あまり勉強が得意ではありませんでしたが、中学生になり、テスト期間に勉強することを覚えると成績が急上昇していきました。

さらに、部活では、初心者から始めている人の多いという理由で、ソフトテニス部に所属。夏までコートで打たせてもらえず、ひたすら走り込みをしていると、マラソンのタイムが学年一位に。さらに体力がついたことで、ひたすら練習に打ち込むことができ、個人で市内3位、団体で2位の成績を収めることができました。

他にも生徒会長を務めたりと、振り返ってみると結構イケイケな中学生活だったなと思いますw

高校時代

家から近いという理由で、県内で2,3番目を争う進学校に入学。しかし、全く新しい環境に飛び込んだことで、友達を作るのに時間がかかり、かなりのコミュ障に。(笑)

コミュニケーションが苦手な人のイラスト(学校)


話しかけられてもおどおどしてしまったり、なぜか最初の方は、びくびくしながら高校生活をおくっていました。進学校ということもあり、勉強が大変でそのうっぷんを晴らすために、テニス部に入り、朝昼晩寝る前と毎日練習し、テニスをするために学校に行っていましたw

勉強も最初はそんな上位に食い込むほどできたわけではなかったですが、テニスの合間にコツコツ勉強をつづけていたら成績も伸びてきました。

高校では理数科だったこともあり、課題研究を4人一組で行っており、そこで酸化アルミニウムを使った宝石づくりについての研究を行っていました。そのころから、材料を合成し、生み出すということの楽しさに気づき、材料系を志望するようになりました。

高2のころの副担任の先生の影響もあり、高2の春休みに京大を目指すことを決意。ちょうどそのころ、訳あって(長いので省略)生徒会長になり、炭酸飲料を入れることを決意。

夏のオープンであと三点でA判定だったことで、調子に乗ってしまい、京大の書類提出とセンター全教科8割とることでで合格できる特色入試を受けることに。しかし、炭酸を入れたり、学校祭を運営したりとしているうちに10月になっており、成績は伸び悩みました。

特色入試の書類は合格したものの、肝心のセンターで7科目中3科目8割を切ってしまい、不合格に。受験で受けた大学(慶応、九州、京都)に全落ちし、やむなく浪人することに。。。

地獄の浪人生活?

ほどなくして、僕は浪人させてもらうことになりました。親からは浪人生とは関わりたくないと言われてしまい、「一年でどこでもいいから大学に合格する・30歳までに浪人の費用を全額返す」ということを条件に、一年間の生活資金をもらい、そのお金で大阪の河合塾に入塾し、寮で生活することになりました。

5月にあった得点開示では、130点差で不合格していたことが分かり、絶望を通りこして笑えてきましたw

そのころから一日10時間勉強を決意し、お盆四日間だけ実家に帰った以外は毎日10時間以上勉強していました。予備校でもなるべく前の席で、授業を受け、化学の人気講師から、「福井の彼」と認識してもらえるくらいに毎日猛勉強してました。


その甲斐あってか、浪人期には、その年に受けた全大学に合格することができ、京大に入学することができました。勉強しかしてない一年間でしたが、自分の大学生活の目標を立てられたり、同じ目標に向かって努力したかけがえのない友達ができたので、自分にとっては欠かすことのできない一年間でした。

大学生活

浪人が終わり、念願の大学生活に期待を膨らませて、京大に入学しました。しかし、テニスが好きだったから入ったテニスサークルは、テニスするだけでめちゃめちゃお金がかかったり、どこか閉鎖的だったりと、テニスに対する魅力も薄れていき、サークルをやめることにしました。

さらに化学が大好きで入った工業化学科での勉強も、英語で4ページの実験レポートを毎週書いたり、楽しみにしていた材料合成の勉強をなかなか始められずもどかしく思っていたりとしているうちに、どんどん大学での勉強が嫌になっていきました。

そんなある日、京都の鴨川を散歩していたら、川辺でたばこを吸ったり、酒を飲んだりしながら楽器を弾いている怪しい集団と出会いましたw 
明らかにやばい集団でしたが、川辺で楽しそうに音楽に打ち込む彼らの姿がとても羨ましく思い、声をかけることにしました。

その集団の中に、同じ大学に通う先輩がおり、彼に影響され、大学ではアイルランドやアメリカの民族音楽サークルや、山仕事サークルに所属することに。さらに彼に紹介された、おもろチャレンジという留学制度を使って、ヨーロッパのバイオリン工房に行き、バイオリンづくりに関する調査を行ったりしました。

また、一年時の夏休みには、武者修行プログラムというベトナムでの新規事業立ち上げのインターンに参加し、一から自分たちの手でビジネスを立ち上げるという経験や全国各地にかけがえのない友達を得ることができました。

バイトはホテルの宴会スタッフや漬物の真空詰め、引っ越し屋に試験監督といろいろしてきましたが、地元の芸子さんの紹介で、祇園のお茶屋さん(会員制Bar)で働かせてもらえることになり、そこでバーテンダーとしてアルバイトをしています。

さらに、二回生の春からは、中高生向けプログラミングスクールの大学生メンターとして働くために、研修を受け、Androidアプリを自分で作ったり、中高生にアプリの作りを指導したりしています。

そんなこんなで、いろいろな人との出会いにより、学校の勉強も頑張りつつ、今は充実した大学生活を送れています。

このブログを通して

今、僕は化学をしたり、プログラミングをしたり、お酒を作ったり、旅に出かけたりと、毎日充実した生活を送ることができています。それも自分と関わってくれている人たちのおかげでできているものですし、その人たちと出会わなければ、そういった経験もすることはできませんでした。

僕はこのブログを通して、そういった人たちへの恩返しも兼ねて、自分が経験した情報を発信していくことで、このブログを読んでくれる誰かが、充実した生活を送ることができる足掛かりになるような記事を書き、発信していきたいと思っています!

どうぞよろしくお願いします!

最後まで読んで下さり、ありがとうございました!!